-プロジェクトを始めたきっかけと、その重要性-

僕(制作者)がゲイであることをカミングアウトして長年、多くの温かい声や
サポートを家族や友達から受けてきました。しかし、多くの人と話す中で、
自分のいる環境が当たり前ではないことに気づかされることがよくありました。
カミングアウトはあくまでチョイスであるから、しないという選択肢
を選ぶのは自由です。でも、したいのにできないという社会は変わる必要がある
と常に感じていて、ではなぜできないのか?をよく考えていました。

その中で見つけた大きな理由の一つが、
カミングアウト後の周囲(当事者でない人達)からの反応がわからないのでこわい、
ということでした。

そこで僕は、それなら当事者ではない s t r a i g h t の人に実際にLGBTについて、
そしてカミングアウトについてどう思っているのか聞いてみよう、
と発起して、このプロジェクトを始めました。
僕はこのプロジェクトを通じて社会がよりStraightやLGBTといった垣根を超えて
インクルーシブ‘包括的’になることを願っています。